【第3類医薬品】 久光製薬 こどもロビンアイプラス キテイ 10mL

価格:657 円



楽天市場で見る


【商品説明】

名 称久光製薬 こどもロビンアイプラス キテイ内容量10mL特 徴◆お子さまの目は、スマホ・タブレットの長時間使用やプール、花粉・ハウスダストなどでかゆみや充血などを起こすことがあります。こどもロビンアイプラスは、お子さまのデリケートな瞳に優しいしみないさし心地で、目のかゆみ・充血を鎮め、眼病を予防します。こんな時、こどもロビンアイプラスをさしてあげてください◆水泳のあとの眼病予防に◆スマホ・タブレットのあとの疲れ目に◆花粉などによる目のかゆみ・充血に実際の商品と掲載画像及びキャラクターが一部異なる場合がございます。また、商品の色はお選びいただけません。ご了承ください。使用上の注意●相談すること1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。(1)医師の治療を受けている人。(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。(3)次の症状のある人:はげしい目の痛み。(4)次の診断を受けた人:緑内障。2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。[関係部位:症状]皮膚:発疹・発赤、かゆみ目:充血、かゆみ、はれ3.次の場合は使用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。(1)目のかすみが改善されない場合。(2)2週間位使用しても症状がよくならない場合。効能・効果目の疲れ、結膜充血、眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)、紫外線その他の光線による眼炎(雪目など)、眼瞼炎(まぶたのただれ)、ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感、目のかゆみ、目のかすみ(目やにの多いときなど)用法・用量1回1〜3滴、1日3〜6回点眼してください。用法関連注意(1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。(2)容器の先をまぶた、まつ毛などに触れさせないでください(目やにや雑菌などのため、薬液が汚染又は混濁することがあります)。また、混濁したものは使用しないでください。(3)ソフトコンタクトレンズを装着したまま使用しないでください。(4)点眼用にのみ使用してください。成分・分量10mL中有効成分・・・分量・・・作用コンドロイチン硫酸エステルナトリウム・・・30mg・・・涙の蒸散を防いで目の潤いを保持し、角膜を外界の刺激から保護します。グリチルリチン酸二カリウム・・・8mg・・・目のかゆみ・疲れ・まぶたのただれなどの症状を起こした目の各種組織の消炎・修復に有効です。クロルフェニラミンマレイン酸塩・・・1mg・・・抗ヒスタミン剤の一つで、目のかゆみ、流涙などの症状をやわらげます。タウリン・・・10mg・・・アミノ酸の一種で、目に栄養を与え疲れの回復を早めます。添加物クロロブタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、ホウ砂、ホウ酸、エデト酸ナトリウム水和物保管及び取扱い上の注意(1)直射日光の当たらない涼しい所に密栓して保管してください。(2)小児の手の届かない所に保管してください。(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり、品質が変わることがあります)。(4)他の人と共用しないでください。(5)使用期限を過ぎた商品は使用しないでください。また、使用期限内であっても、開封後は、できるだけ速やかに使用してください。保存の状態によっては、成分の結晶が容器の点眼口周囲やキャップの内側につくことがあります。その場合には清潔なガーゼで軽くふきとってから使用してください。◆本品記載の使用法・使用上の注意をよくお読みの上ご使用下さい。消費者相談窓口久光製薬 お客様相談室 電話:0120-133250受付時間:9:00〜17:50(土日・祝日・会社休日を除く)販売元【販売元】久光製薬 鳥栖市田代大官町408番地【製造販売元】佐賀製薬株式会社 佐賀県三養基郡基山町小倉481剤 形区分 / 第3類医薬品 / 日本製広告文責株式会社杏林堂薬局電話番号:053-453-5111医薬品販売に関する記載事項(必須記載事項)はこちら※リニューアルに伴いパッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。 商品及び医薬品についてのお問い合わせはコチラ 【医薬品注意事項】 内容をよく読み、ご確認の上、注文手続きをお願い致します。 下記に該当する方は、お問い合わせにご入力ください。 ● 使用者は、医師の診断を受けていたり、病気の診断を受けている。 ● 使用者は、病院でもらったお薬や薬局で購入したお薬・サプリメントなどを使用している。 ● 使用者は、乳児、幼児または小児である。 ● 使用者は、現在妊娠中、もしくは授乳中である。 ● 使用者は、これまで、薬や食品でアレルギーを起こしたことがある。