プログラムで実践する生体分子量子化学計算 Protein DF/ABINIT-MPの基礎と応 [ 佐藤文俊(計算生体分子科学) ]

価格:4,620 円



楽天市場で見る


【商品説明】

Protein DF/ABINITーMPの基礎と応 佐藤文俊(計算生体分子科学) 中野達也 森北出版プログラム デ ジッセンスル セイタイ ブンシ リョウシ カガク ケイサン サトウ,フミトシ ナカノ,タツヤ 発行年月:2008年10月 ページ数:235p サイズ:全集・双書 ISBN:9784627879119 佐藤文俊(サトウフミトシ) 理学博士。1962年東京都生まれ。慶応義塾大学理工学研究科物理学専攻、九州工業大学情報工学部助手、東京大学生産技術研究所助教授などを経て、東京大学生産技術研究所教授 中野達也(ナカノタツヤ) 博士(理学)。1964年長崎県生まれ。筑波大学化学研究科化学専攻、国立衛生試験所化学物質情報部研究員を経て、現在は国立医薬品食品衛生研究所医薬安全科学部主任研究官 望月祐志(モチズキユウジ) 理学博士。1963年静岡県生まれ。北海道大学理学部化学第二専攻。日本電気(株)基礎研究所、日本原子力研究所計算科学技術推進センター、アドバンスソフト(株)研究開発センターを経て、立教大学理学部化学科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1部 タンパク質密度汎関数法パッケージ ProteinDFシステム(ProteinDFシステム/ProteinEditorを使ってみよう/PCを用いたペプチド全電子計算/(小規模)PCクラスターを用いたタンパク質全電子計算/大型計算機を用いた大規模蛋白質全電子計算/補足:結びにかえて)/第2部 フラグメント分子軌道法プログラム ABINITーMP(フラグメント分子軌道(FMO)法とは/ABINITーMP/BioStation Viewerのインストール/まずは計算してみよう/タンパク質・DNAのFMO計算/FMO方の今後の展開)/第3部 理論的背景(生体分子と量子化学計算) PC〜小規模PCクラスタで行う実用レベルの生体高分子量子化学計算。バイオ、医療、創薬、工業などに大きく貢献できるフリーソフトウェアをわかりやすく解説。 本 科学・技術 生物学